「 未分類 」一覧

相続に関する体験ブログ

相続に関する問題、トラブル、悩みは、人それぞれで異なります。10人が相談すれば10人が、100人が相談すれば100人が、すべてのケースが異なります。立場も違えば、条件も異なります。相続税で悩むケースもあれば、相続の分与配分でトラブルになるケースもあるでしょう。また、プラスの相続だけではなく、マイナスの相続での悩みも多いはずです。
相続についての相談は、「似たようなケース」という場合はあるかもしれませんが、「同じケース」ということは、まずあり得ないといっていいでしょう。
それだけに、より多くのケースの事例を見ていくことが、相続についての悩みを考えていく上で、参考になるのです。
それらの見られるブログをいくつか紹介しておきます。

「法律に関するトラブル~遺産相続」
http://www.thecropperscorner.com/houritsu1/nombre2
「僕の遺産相続体験記」
http://larme.at.webry.info/200506/article_2.html
「お葬式と相続の手続き日記」
http://s0uz0ku01.seesaa.net/article/207566937.html
「土地相続・相談NAVI」
http://www.e-so-zoku.com/index.html


相続放棄について

相続人は、相続開始の時から被相続人のすべて権利や義務を引き継ぐことが民法では定められています。しかし、相続人が財産を相続したくなければ、強制されるものではありません。
相続財産には不動産や動産や預金といったプラス面の財産だけではありません。借金などのような相続人にとってマイナスとなる財産も含まれますから、万が一、被相続人がプラスの財産を残さず、多額の借金などのマイナス財産だけを残して死亡したとしたら、そうした負の財産は相続したくないと考えるのが普通です。
被相続人の死亡と同時に相続の効果は発生しますが、相続人は「相続の承認または放棄」によって、自分の意思で相続するかどうかを決めることができます。相続人が相続を承認すれば、財産を相続することになりますが、相続の承認には、債務を無条件に受け継ぐ単純承認と、プラスの財産の範囲内で債務を受け継ぐ限定承認があります。
相続の承認または放棄に関しての意思決定には、3カ月の熟慮期間が設定されています。この、熟慮期間内に、相続人は相続財産を調べて、単純承認するか、限定承認とするか、相続放棄とするかを決めなくてはなりません。
熟慮期間内に意思表示をしないと、単純承認したものとみなされます。


相続と税金について

相続などによって相続人のものとなった財産は、相続税の課税対象となります。相続は偶然のものとしての事情による不労所得に対する課税や富の配分という機能として相続税という税制度が設けられていると考えていいでしょう。
相続税を納めるべき者は、相続または遺贈によって財産を取得した個人とされています。相続などによって1人の遺産を複数の相続人が相続した場合には、その相続・遺贈によって受けた利益の価額に相当する金額を限度として連帯して納付する責任が発生します。
相続税の課税対象となるべき財産としては、以下のものがあげられます。
①土地、建物、事業用財産、有価証券、預貯金、家庭用財産など、相続に遺贈(死因遺贈を含む)によって取得した財産。
②生命保険金、損害保険金、生命保険契約に関する権利、死亡退職金、定期金に関する権利、被相続人の遺言による債務免除等による利益など、相続に遺贈(死因遺贈を含む)によって取得したものとみなされる財産。
③相続開始3年前以内に被相続人から贈与を受けた財産。(ただし、既に贈与税が課されている場合はその限りではない)
また、相続税の対使用とならない財産としては、「墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしているもの」で、骨董的価値や投資対象とならないもの。「宗教、慈善、学術、その他公益を目的とする事業を行う一定の個人などが相続や遺贈によってもらった財産であって、公益を目的とする事業に使われることが確実なもの」などがあります。他にも、「相続や遺贈によってもらったとみなされる生命保険金や退職手当金のうち、500万円に法定相続人の数を乗じた金額までの部分」という規定があります。


バジルの保存法

バジルはドライよりもフレッシュで使う方が香りが引き立ち、料理の仕上げとして使うと効果的です。

バジルの花はサラダや料理の飾りとしてつかえますし、
種はバジルシードとして、デザートに使えます。

バジルを生地に練り込んだり、
にんにく、オリーブオイル、松の実などとミキサーにかけて、バジルペースにしておくと重宝します。

収穫量が多い場合や寒くなり葉が枯れてしまう恐れがある場合は、
花が咲き始めた頃に茎ごと刈り取って乾燥保存させます。

短期間の保存の場合は、バジルを綺麗に洗って水分がついたままラップに並べ、ジップロックに入れて冷凍保存します。
調理の直前に冷凍庫からだし、そのまま使います。
こうするとバジルの色つやもよく、香りも強いものが楽しめます。

バジルオイルは、バジルを水洗いし完全に水気を切って乾かしておきます。
清潔なビンにバジルを入れ、オリーブオイルを注ぎ入れます。
バジルが完全にオイルにつかる様にして蓋を閉め、時々ビンを揺すります。
2-4週間寝かせて、香りが出たらバジルは取り出します。
バジルオイルを作っておくとサラダ、パスタ、ピザなどにちょっと風味を加えたい時にとても便利です。

バジルを塩漬けにしてガラス瓶に入れ冷蔵庫で保存すると、乾燥させるよりも香りが残り、ビンの蓋を開けただけでバジルのフレッシュな香りが立ち、一年ほど保存することができます。

バジルティーはすっきりさわやかな風味で、暑い時期の飲み物にピッタリですし、食欲のない時や、脂っこい料理を食べた後にも最適です。

布にくるんでお風呂にいれるハーブバスも体がゆっくり休まります。


買掛金支払いについての法律家、司法担当書士連絡調整業務の強み

月賦消費トラブルを法律専門家または司法施設書士を利用するプラスの面は、誠に大きいです。まずは、元本を借りてきたサラ金といわれるもの手段で、取立てにも拘らず止みいます。それのみで無いですし、融資出費ごたごたを解決するでは、ファイナンス関連会社脇にしても弁護士のみならず司法関係書士を通さ足りなければ相談にのってゲットできない事例が多いと言えます。給料を借りてみた自分自身に限って言えば、駄目ではない借受支払を対象にしたアドバイスしていただけませんというのに、法律家であるとか司法施設書士とすれば2つ返事でミーティングしてして頂けます。そういう点からも、弁護士または司法書士に於いては月賦返還気掛かりの方への負債集積を用いるという点は、借入返済に対しての一回であるに違いありません。そうして、あまり考えられませんが単独で借金コーデに手を染めてしまう行きついたら、何社かの責任書類をピックアップたり、司法担当として出頭したりするとなっているのは果てしなく手間暇が掛かります。しかも、その手の負債整頓の時ににしても料金を拝借した銀行などに月賦返還を集金浴びるとされているのは、内面的にもとてもな限りとなります。また、経営破たんな上私立のバージョン民事実体化のケース、法律専門家だけではなく司法担当書士にお願いするっていうのは、残らずやり方の代役としていただけるので、委任現代人っていうのは重苦しい感じ以後については一言に皆無です。また、法律家わけですが替わりを招いた物に限り、自主廃業を反発た当日内に、即日面談を経験して貰うということができることになります。また、与納金ながらも多くない20万を介して凌げる少しのお金管財だって可能です。


『借金』という文字から浮かぶ事

『借金』という文字だけを見るとあまり良いイメージを持つ人はいないと思う。
しかし、借金とひとまとめに言っても、色々な理由で借金をしてる人がいる。その中の一つに学校に行くための奨学金も含まれる。
奨学金と聞くと悪いイメージを持つ人はあまりいないと思うが、借金であることには間違いない。学費が払えず学校を行くことを諦める子どもも中にはいるのではないだろうか。現在の日本のシステムでは学費を国が負担してくれる環境にないが、子どもは国の財産であり、財産の肥しとなる勉学を国が支える環境になってほしいものだと私は思う。

誰しもが借金とはなるべく無縁でいたいと考えているのではないだろうか。しかし、全く借金をしていない人はほとんどいないのではないだろうか。家のローンや奨学金など誰しもがなんらかの借金を経験している。

クレジットカードも会社に前払いしてもらっているわけなので、借金の一つに含まれるのではないかと思う。そう考えると、クレジットカードが当たり前のように普及している現代社会で『借金』という文字は、今後もなくならないだろうと思う。

そう考えると、『借金』という文字は悪いイメージだけではないのかなとみんな思うのではないだろうか。


借金すると言う事は、、

今まで生きてきて、借金をすることになるとは想像もしていませんでした。私の周りには、ギャンブルなどで借金をたくさん抱えている方もいらっしゃいます。しかし私はギャンブルはしませんし、特にお金のかかる趣味もありません。
ある日ふと思い立ち、ペットを飼おうとペット探しを始めました。特に値段や種類は決めておらず、数週間探した結果、出会ってしまいました。彼は周りでやんちゃしている子達を他所に、一人ですやすやと眠っていました。とっても毛並みが綺麗で、何と言っても男前の仔猫でした。1度抱っこさせて頂いたのが最後、もう心は彼にゾッコンでした。これを衝動買いと言うのでしょうか。しかしこの出会いに運命的なものを感じ、心を決めました。
彼は血統書付のなかなかお高い仔猫ちゃんでした。当日、借金さえないものの余裕があったわけではなく、人生で初めて借金をしました。とっても不安でしたが、彼と過ごし始めてからの毎日は、今までとは全く別のものでした。
何をするにも私の後ろについて回り、擦り寄って甘え、仕事の邪魔をします。しかし私から近づこうとすると、そっぽを向いてしまします。そんな生活が始まり、人それぞれに考え方がおありだと思いますが、私は彼とこれからの生活の為に働こうと思えました。
借金はできることならしないほうが良いでしょう。しかし何の目的もない人生の中で、手の届く距離に幸せがあるとすれば、すこし手を伸ばすための借金は、生きる目的を生んでくれるのではないかと思いました。