自己破産をプラスのイメージに

宝くじが当たったら…なんてことを考えたことがある方が多いと思います。
もしも突如として何億ともいえる大金を手にしたら…家を買って、車を買って、借金を返して、とにかくお金で解決出来るものを片っ端から片付け、残ったら貯金をする…なんて夢を描いたことがある人は案外誰でも経験したことがあることだと思います。

でも、宝くじは当選確率は1枚あたり1/10000000です。
ほとんどの人が外れます。
よく夢を買うなんて言いますが、まさに夢だけ買って終わりなのが宝くじです。

しかし、それと同じくらいの力を持つ救済処置が日本国民に全員に与えられていることをご存知でしょうか?

それが自己破産です。

自己破産というとマイナスなイメージしか無いと思いますが、考えようによっては宝くじに当たったと同じくらいのものと言えますし、それ以上になる場合もあります。

仮に借金が3億円あったとして、宝くじで3億円当たったとしましょう。
当然借金は無くなります。

自己破産も同様に、借金3億円が無くなります。

いえ、10億円の借金があったとしても自己破産でその借金は無くなります。
そう考えると自己破産は宝くじの1等前後賞合わせたものを3回以上分にもなります。

もちろん、自己破産により信用情報は大きく傷つけられ、その後にローンやキャッシングが出来なかったり、家が無くなったり色々な弊害もあります。

しかし、何億もの借金をしても自己破産で解決出来るという夢のような制度が与えられていることを活用しない手はないと思いませんか?

勿論、無理に借金をして自己破産しろということではありません。

そういう救済処置があるのだから、私たちはもっと人生において勝負が出来るということです。闇雲に勝負するのではなく、ある程度勝算があるのであれば、それは一気に人生を飛躍させるチャンスだと思います。

解釈のしようによっては、私たちは勝負することを認められているのです。

自己破産のマイナスのイメージを、このようにプラスのイメージに変えることで人生の見え方も大きく変わってくると思いませんか?

債務整理の制度があるから思い切ってビジネスが出来る

債務整理の制度があるから思い切ってビジネスが出来ると私は思っています。
債務整理の制度は多重債務になった際に人生をリスタートさせるための制度です。

なので万が一多重債務になったとしても最後にご自身を守る手段として債務整理が残されているんです。
これは失敗してもやり直しが出来ることを認めた制度なので非常にありがたい存在なんですよ。

債務整理という単語を聞いただけでその内容を知ることなく「恥ずかしいもの」と決めつけている人が多いようですが、そのように制度の全容を知らないくせに債務整理を嫌悪する人の方が恥ずかしい存在だと私は思っています。

債務整理という制度を熟知していれば人生のやり直しがきくことをわかっていることになるので、一度きりの人生で慎重にならざるを得ないところでも思い切って勝負をかけることが出来るようになります。

ここで数千万円使って失敗したら、自己破産だという状況でも債務整理という救済制度を知っておけば勝負することが出来るんですね。

そして債務整理の制度があるからこそ思い切って投資をして大きなリターンを得る挑戦権を獲得することが出来るのです。債務整理の制度があればこそ借金をしてでもやりたいこと、儲かりそうなことにお金をかけることが出来るんですね。より高いリターンが見込めるが高いリスクがあるようなことでも。

なのでまだ債務整理について知識が無いという方は必ず知っておくようにしましょう。

そしてリスクを承知でリスクを取り、お金を投じることで、一般的な生活をしていたら手にすることが出来ないような大きなお金を手にすることが出来るようになるのです。

国はもっと国民に債務整理の制度を開示すべき

国はもっと国民に債務整理の制度を開示すべきだと思います。
法律を学んでいる人にとって債務整理の手続きというのは誰もが知っているものと錯角しています。

しかしながら現実は違います。債務整理という言葉は知っているけどそのメリットを知らない人が多すぎです。債務整理の制度は本来多重債務者を救済する制度なのに債務整理を利用する=ダメな事みたいなイメージを抱いている人が多いのが現実です。

債務整理は新たな人生をリスタートさせるために必要不可欠な制度だという事をもっと大々的に宣伝すべきです。多くの人が債務整理の良さを知らぬまま違法な業者や借金を無駄に膨らませています。

早く対処して債務整理を利用すれば傷口は浅くて済んだのに債務整理を知らないばかりに何も対策の打ちようがない状態に陥っている悲惨な方が大勢といます。

確かに債務整理の制度を国民全員が知れば債権者にとっては面白くありません。
不良債権が出来るわけですから。

でも債権者としてもゼロベースより早めに債務整理の手続きを開始させた債務者からある程度の債権を回収できればそれはそれでメリットだと思うんですよね。

つまり債務整理の最終形態である自己破産に至らせないようにしつつ借金を減額するなどしたほうが不良債権よりはメリットが債権者にあると思うのです。

誰かの圧力が働いて、また不当に債務整理者が出ないように抑制する観点から大々的に債務整理の制度を国民に知らせることを意図的にやめているのかもしれませんが、真に国民を大切にするのならそこら辺は開示したほうが個人的には良いと思います。

ヤミ金に手を染めるのなら債務整理すべし

よく家計が自転車操業状態になり、ヤミ金に手を出す人がいます。
はっきり言います。ヤミ金に手を出したら人生おしまいですよ。

骨の髄までしゃぶり取られて自殺に追い込まれるケースも非常に多いです。
なので絶対に闇金には手を出してはいけません。

日本には多重債務者を救済する制度として債務整理の制度があります。
闇金を利用して傷口をひろげるぐらいならすぐに債務整理の手続きをしましょう。

どこからも正規の金融業者からお金を借りることが出来ない。
そんな状態が一番危険なのです。

そしてそんな状態の方を保護するために債務整理の制度があるのです。
債務整理の中の自己破産と聞くと抵抗感を感じるかもしれません。

でも人生をリセット出来るとても大切な制度なんです。
闇金に手を出したら人生をリセットするばかりか今まで守ってきた大切なものを全て失うことになってしまいます。

だからお金に困ってどうしようもなくなったときは素直に債務整理の手続きを取りましょう。
なおヤミ金に既に手を染めてしまったという方はヤミ金相談を絶対にして下さい。
法律の専門家に頼み、警察と連携しヤミ金業者を追い込む事だけが唯一の対応策です。

何度も言いますがヤミ金だけは絶対にいけません。債務整理という制度を正しく理解し、くれぐれも人生を棒にふらないでくださいね。

債務整理の制度があるのだから積極的に勝負すべき

債務整理の制度は消費者を保護するためにあります。
つまり債務超過となった借主を救済する制度です。

よく自己破産や民事再生、特定調停などの債務整理手続きをすることは人生の負けパターンだと言っている人がいますが私は全くそうは思いませんね。

何も知らないくせに債務整理を利用する人や債務整理の制度を馬鹿にする人こそ私は軽蔑したいです。
債務整理の制度をしっかりと知ってればビジネスで挑戦できます。

お金を借りることに躊躇する人がいます。
それは当然の事でありそのことを否定するつもりはありません。

でもビジネスにおいて勝負するときには借金を限界ギリギリまでして勝負する必要性がある時もあるんです。そして万が一ビジネスがこけたとしても債務整理の制度で救済されるのですから思い切って勝負すればよいのです。

一度自分を捨てて限界まで勝負をかけてみるとまた違う景色が見えてくるのかもしれませんね。
何も知らないのに債務整理の制度だけ否定するのは愚の骨頂だと私は思います。

債務整理は消費者保護の制度

債務整理という言葉に負のイメージを持っている人って多いですよね。 確かに自己破産や特定調停、民事再生などの単語を聞くと負のイメージを持つ気持ちもわかります。 でも債務整理の制度って非常に消費者が優遇されている制度なんですよ。 極端な話、この手続きをすることで借金がなくなってしまうんですから。

どうしても負のイメージばかりが先行してしまうので、債務整理の制度の利用を控える人が多いのですが勿体ないですよね。

自転車操業を繰り返すようになったらもうかなり経営は破たん寸前です。 また自転車操業を繰り返すような生活をしている人も破たん寸前です。

この段階になってもまだ借金する場所を求めてばんばろうとするから、変な業者に引っかかったり、更に多くの人を巻き込んで迷惑をかけることになるんですね。

人間は時には潔く諦めることも大切です。 借金を無駄に膨らませる方に意識するよりも今ある借金を一度整理し、もう一度ゼロから勝負するほうがよほど建設的だと思います。

債務整理という制度は非常に役立つ制度なので悪いと感じている方はその固定観念を変えたほうが良さそうですね。